目指せシュナ屋敷

どこまでも犬らしくシュナらしく

all archives / admin

てぃお ありがとう


17190416_1908173252802522_6025444593237350429_n.jpg

今日 てぃおちゃんは びびかーさんやばに  じょぶのいるお空へ
登っていきました
本当に 良く頑張りましたね

1か月間 毎日 点滴に 注射
嫌がりもせず あんなに 頑張ったのにね
こんな事になるなんて 夢にも思っていなかった
まだまだ 元気に過ごしてくれると思っていた

1月にびびが亡くなって まだまだ辛くて
なのに こんなに早く てぃおが行くなんて
じょぶの時に 分かっていたけど
やっぱり 神も仏もいないんだ 

ICUの中は 少しは楽に過ごせた?
先生が 一生懸命 苦しがらないように痛がらないように
頑張ってくれたからね
もちろん 元気になってくれるように 頑張ってくれたよ

苦痛な思いは させたくなかったから
それだけが 心配でした

今は 楽しんでる?
ひぃちゃんは まだまだ そっちには行けなくて
寂しいかもしれないけど
見守ってあげてね

いつか また 再会できる日まで
それまで 元気でね





  1. 2017/03/07(火) 21:33|
  2. Tio
  3. | cm:0
  4. | tb:0

ありがとうございました

3月5日
てぃお 永眠
静かにBIBI達の待つ場所へ登っていきました
今頃  親子で 遊んでいるでしょうね

本当に 可愛い可愛い子でした 
てぃお ありがとう
ひぃちゃんの最高のパートナーでいてくれてありがとう


  1. 2017/03/06(月) 17:04|
  2. Tio
  3. | cm:0
  4. | tb:0

何が原因なの

健康診断に行き
胆のうや横隔膜ヘルニアが見つかり
これからの 治療を考えなければいけないなぁ~と
思っていた 矢先

Tioの呼吸が速くなり抱っこすると雑音があるのがわかる
ご飯もまったく食べなくなって 後ろ足がフラフラしだした

かかりつけの病院に行き
再度 レントゲン エコーを撮る
健康診断で言われた 横隔膜ヘルニアは怪しい・・・
もしかしたら 無いかも

心臓に雑音ありだけれど それではない
熱が40度あり 肺も白い事から 気管支炎ではと
 点滴と 注射 薬をもらって帰る
それでも あまり 良くならず
途中 胆のうの薬も貰って飲むが
食欲は あったり 無かったり
熱も下がったり 上がったりを繰り返し 
あれから  1か月たつ

今では 家での点滴と注射 薬を続けているが
一向に 良くならない

今日も ほとんど ご飯を食べていない


 
  1. 2017/02/28(火) 23:47|
  2. Tio
  3. | cm:0
  4. | tb:0

健康診断


健康診断に行ってきました
13歳のTio 10歳のぼんちゃん どちらも血液検査はパーフェクト
特に 13歳 この年でこの数値は素晴らしいと誉められましたが・・・・(:_;)
胆のう液状嚢腫が見つかりました
とりあえずは 血液検査の結果が良かったので
このまま 2か月に1回 検査するだけで良いとの事

そして 他の病院で 椎間板ヘルニアになった痕があると
言われたが
「それらしい症状も痛がりもしたことが無い」と言ったら
「そんな子もいる 自然に治ってる」・・・と聞いていたので
つでに診ていただいたが
そんな 痕はどこにもない 
年齢的に少し骨の隙間があいているが
綺麗な骨だとの事
また 誤診ですか? はぁ~('Д')

おやつをあげてますか?と聞かれたので
市販のはあげないこと そして ご飯は手作りとフード半々だと
答えると
それが良かったのでしょう
これからも そのまま続けてくださいとの事

そしてぼんちゃんは まったく問題なし
ただし もう少しだけ ダイエット
少し痩せさせたのに
娘が帰ってきて 手作りおやつあげちゃったからね
また がんばろうね

シュナウザーで この状態は本当に良いと
良いシュナウザーですね・・・と言われた
涙が出るほど 嬉しかったです 

BIBIのおかげです
本当に ありがとう~


  1. 2017/01/28(土) 01:13|
  2. 数匹
  3. | cm:0
  4. | tb:0

じょぶに・・・


IMG_20170118_0006.jpg

びびが亡くなってから
なんだか 寂しく 物足りない

そして 今まで 
思わないだろうと 思っていた
「 じょぶのような シュナが欲しい」
そんな思いが わいてきた

我が家で 一番 難しい 犬だった じょぶ
物静かで大らかではあったが
ある一面では 厳しかった

その一面とは 犬としての 礼儀
その部分では 緩めることはなかったから

じょぶが許可しない限り 我が家の家族にはなれなかったし
子犬であろうと 厳しく教育する犬だった

IMG_20170118_0009.jpg

写真が暗く 見えにくいですが
ここに 幼い時の BIBIがいる
顔面は じょぶの口の中にある

まだ何も知らない BIBIは じょぶに叱られている
私は 小さい時から 親子の関係を見て育っているので
こんなことは 普通の光景で
ほほえましく 見ていたし
絶対の信頼の元  じょぶを見守っている

まだまだ これは 序の口

ある程度 大きくなり 反抗期が来た頃には
流血騒ぎの 喧嘩がおきる
じょぶ対女の子は まだ 良いが
男の子になると 私も冷汗が出た

こんな事書くと 可哀そう~ なんて家なの!(-_-メ)って思う人も
いるかと思いますが
これが 多種多頭飼いです
簡単に飼えると思っている人もいると思います
現に 簡単に飼えると思い 苦労している人を知っています
何もしないで 飼えるほど 簡単ではありません

私には じょぶという最高のパートナーがいたからこそ 
じょぶの礼儀に厳しい 教えがあったからこそ
今も平穏に過ごせているんだと思っています

またじょぶのような犬に出会えるか・・・
出会いたいです



  1. 2017/01/23(月) 00:48|
  2. JOB
  3. | cm:0
  4. | tb:0

わんこ紹介


*くろえば*
シュナ12匹、チワワ1匹
猫 4匹
ドッグトレーナー
トリマーの
資格を持つ
永遠のシュナキチ
また素人の
handmade作品 ですが
全ての著作権は
  *くろえば*にあります
御了承ください

*script by KT*

無料カウンター

カテゴリー

リンク

犬の歳

最近の記事+コメント

おすすめ商品


下の写真クリックで
shopのページが開き
お買い物ができますよ
お気に入りを見つけて下さいね
++++++++++

Free


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ

にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ











Free2







メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: