目指せシュナ屋敷

どこまでも犬らしくシュナらしく

all archives / admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告

安心感


fuu7.jpg

家族を守るのは 自分しかいない
そう思った子は
何かあるごとに 一番 初めに 気が付き
一番先頭で 守らなければいけない
それゆえに 神経質になり 落ち着かない

その思いは すごいストレスだろうと思う

本当に ちょっとの音でいきなりけたたましく吠え始める
でも 吠えながらも私を見て 
これでいいの?と 聞いてくる
私は ある合図を発し 手をかざし辞めて!と指示すると 
やめて 戻ってくるようになってきた 
それだけ 頭の良い子です 

へそ天抱っこすら出来ない 飼い主
私の助言も役に立たず
私がこの子を良い子にしてくれる・・・と思っている
この考え自体がすでに間違っているのです

この子と信頼関係を結ぶのは 飼い主です
そして この子が安心して寄り添える人は
飼い主だけです


私と一緒にいるじょぶは 
いつものんびりべったりぐーぐ寝ていた
それが いつものじょぶだと思っていたが
ある日
かぁさんがいないとじょぶがめんどくさいと言われた
良く動いて 落ち着かないと
たまたまの話かと思ったら
昔からだと言われた
私の知らないじょぶの一面だった

色んな所で言われていたが
出かける時は 声をかけない事と
でも
私は 出かける時には いつもじょぶに 「頼んだよ」と
頭を軽く撫ぜて 出かけていた

きっと 私の頼みをきいているんだろうと思った

私は 「頼んだよ」と言わずに出かける事にした
でも それは じょぶにとっては 良くない事で
言わずに出かけると 必ず 角を曲がると
じょぶの泣き叫ぶ声が聞こえた

じょぶにとっては飼い主に頼まれる事を
嬉しく思っていたのかもしれない
ストレスはあっただろう
それでも 私の側では 安心してぐうたらな犬になれた事で
じょぶの心は安定していたのかもしれない

今は 頼める相手もいなくなったが
いつの日か また 
寄り添える相手に巡り合えると思っている

  1. 2014/12/22(月) 00:44|
  2. つぶやき
  3. | cm:0
  4. | tb:0

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

わんこ紹介


*くろえば*
シュナ12匹、チワワ1匹
猫 4匹
ドッグトレーナー
トリマーの
資格を持つ
永遠のシュナキチ
また素人の
handmade作品 ですが
全ての著作権は
  *くろえば*にあります
御了承ください

*script by KT*

無料カウンター

カテゴリー

リンク

犬の歳

最近の記事+コメント

おすすめ商品


下の写真クリックで
shopのページが開き
お買い物ができますよ
お気に入りを見つけて下さいね
++++++++++

Free


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ

にほんブログ村 犬ブログへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ











Free2








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。